地元の工務店で末永く安心を!

皆さんのお家は、どこに依頼して建築されましたか?
テレビのCMで宣伝されている大手ハウスメーカーは知名度が高くて安心なように思えます。
しかし、ブランド料なのか、金額がお高くなるように思います。
また、うちの実家のような地方ですと、大手ハウスメーカーに頼んでも、近くに営業所がなかったりして、ちょっとした相談やサポートに不安が残ります。
地方で戸建てを建てるなら、やっぱり、地元密着の工務店が一番。
地元の工務店、つまりは、大工さんです!
近所の新築家屋が、大手ハウスメーカーに依頼して、鉄骨を組んで、壁をパタパタ貼り付けて、あっと言う間に出来上がり、かつ外観がみんな同じ、四角い箱なのに対し、うちは、母のコダワリで、母が間取りを考え、工務店に依頼。
もう30年ほど前の話になってしまいますが。
母の望みを叶えるべく大工の棟梁でもある建築士免許をもった方が設計図を書いてくれ、今では珍しくなった材木を運び込み、伝統の日本家屋に仕上げました。
伝統的な工法で日本家屋を建てることができる大工さんも減っているとのことで、うちの場合も、遠く青森県から、ベテラン大工さんが応援に駆けつけてくれました。
おかげで、木造にも関わらず、100年は保つ!と大工さん自ら絶賛するほどの、シッカリした構造のマイホームができあがりました。
その後、10数年して、私の子供部屋が欲しいとの願いで、畳敷きの和室をフローリングの洋室に変更したり、浴室を増築して、浴室乾燥機付きのゆったりした最新型バスに変更。
キッチンの床も張り替えて、掃除のしやすい、ピンクのビニールクロス張りにし、キッチンの向きを変えて、明るい窓も付けました。
こういった家族のライフスタイルの変化や、最新の設備に整えるため、利便性の向上のためのリフォームも、全て、最初に家を建ててくれた工務店に依頼。
家の全てを知っている大工さんたちなので、勝手が分かってスムーズですし、自分の手掛けた家は可愛いらしく、さらにより良いものにしようと頑張ってくれます。
その後も、門の入れ替え、外壁の塗り替え、家の周りにお洒落なフェンスの設置など、度々、お願いしています。
毎年年末には、お歳暮がてら、必ず我が家を訪れ、家のチェックを欠かしません。
そして、さらに20年が経過し、両親は高齢に。
父は介護の不安も出て来たので、バリアフリー対応にするとともに、、寒暖差によるヒートショックを防止するために断熱化を図りました。
段差をなくし広くしたトイレに、手が不自由になっても使える自動開閉トイレを設置。
屋根に断熱材を入れ、窓は二重窓に。
この頃には、大工さんも世代交替をしていて、2人の息子さんが設計から建設の全てを行い、大工の棟梁は、それを厳しい目で見守るといった状況。
まだまだ、何十年も保つ! と棟梁は満足気です。
さらに、東日本大震災の時には、震度6の揺れがおさまった直後に、我が家に駆けつけてくれ、家を一通り、チェックし、安全であることを確認しにきてくれたんです。
家屋の倒壊などはなかった地域ですが、停電と断水で深刻な状況の中、高齢の両親を心配し、真っ先に駆けつけてくれた棟梁に感謝。
地元の工務店との繋がりは、こうして30年以上も続いています。
やがて、私が、この家を引き継いで、世代が変わっても、ずっと同じ工務店で守って頂けると確信しています。